旧耐震構造住宅が建て直しをしないといけない理由

きちんと建て直そう

どんな基準か確認しよう

災害はいつ起こるか分かりません。
ですから、普段から気をつけて対策をしていないと簡単に巻き込まれてしまいます。
大きな地震が来て建物が崩壊した時は、自分や家族の命が危険な目に遭います。
古い方法や基準で建設された建物は、大きな地震が起こると崩壊してしまうことが考えられます。
災害が来た時に困らないよう、早めに建て直しをしておきましょう。

建物を建設する時は、基準を満たしているかチェックされます。
満たしているものは安全だと言われていますが、当時は基準そのものが緩かったので地震が起こった時も耐えきれない住宅が多かったです。
それではいけないので、法律が1981年に改正されました。
それからは基準が厳しくなったので、地震が起こってもそう簡単に壊れることはないので安心できます。

法律が改正される前に建設されたのか、わからないところで暮らしている人も見られます。
その人は管管理会社や建設に携わった企業に問い合わせることで答えを知ることができるので、気軽に聞いてください。
また最近建設された建物でも、注意が必要です。
悪質な企業が関わっていた場合は、嘘をついて基準を不正にクリアしていることが考えられます。
そのような住宅は脆く崩れやすいので、大きな地震が来ただけで崩壊する危険性があります。
安心していないで、本当に大丈夫なのか確かめてください。
もし問題点が見つかった場合は、すぐ耐震工事をしたり新しいところに引っ越したりする対応が必要です。