>

頑丈な建物が必要

壊れないことが大前提

昔の建築法に従って作られた住宅は、耐震性が低いところが非常に多く見られます。
建築法が新しく制定されてからは、地震が来ても壊れないことを大前提に考えるようになりました。
住宅が壊れると、生活を送る場所が無くなります。
またがれきが降って来て、ケガをする恐れもあります。
地震が起こった時は、どのような事態に発展するか分かりません。
そんな時に住宅が壊れると、さらに被害が大きくなってしまいます。

古い建築法で作られた建物は、少しの地震でも壊れると認識していた方が良いです。
災害が起こっても安心して生活を送れるように、耐震性に優れた住宅を立て直さなければいけません。
費用のことなどを詳しく聞いて、依頼を済ませてください。

壁などにも注目しよう

地震が起こった時に、建物が崩壊しなければ良いと思っている人が多いのではないでしょうか。
ですが、壊れなくても壁にひびが入ることがあります。
それを見逃すと、今後小さな地震が発生した時に衝撃に耐えられず、崩壊するかもしれません。
新しい法律に従って建設すれば、壁にひびが入らない頑丈な住宅を作ってもらうことができます。

また、水道管なども確認しましょう。
生活を送っていく時には、水の供給が無ければいけません。
自宅そのものに変化が無かった場合は安心しますが、何か災害が起こった時は水道管まで見てください。
水道管が壊れたり、ひびが入っているかもしれません。
新しくなった法律では、水道管も耐久性のあるものを使うべきだと記載されています。


この記事をシェアする